残業が少ない会社ランキングを信じてはいけない:フレックスタイム編

残業が少ない会社ランキングを信じてはいけない:フレックスタイム編

シェアする

「残業が少ない会社ランキング」

就活をしていると、一度ぐらいは見たことありますよね。

bsD0011_udemakuri420140830142954-s

突然ですが、「残業時間ゼロ」ってどんな状態だと思いますか??

そのひとつは、「毎日9時に出社して、18時に定時退社している」状態。

しかし…。

あくまで、これは「ひとつのパターン」に過ぎないので、騙されないようにして下さい。

「残業時間ゼロ」と「1日も残業していない」とは別物です。

スポンサーリンク

残業時間に潜む6つのワナ

あらためて、残業が少ない会社ランキングを見てみましょう。

上にも書いたとおり、ランキングで残業時間がゼロといっても、「1日も残業をしていない」というわけではありませんからね!

厚生労働省は、違法な長時間労働を繰り返す企業の名前を行政指導の段階で公表する方針を決めた。4月18日に塩崎恭久厚生労働相が、全国の労働局長に指示した。具体的には、複数の都道府県に支店や営業所があり、1年&

そこには以下の6つの理由があります。

  • 端数の切り捨て
  • フレックスタイム
  • サービス残業
  • 半人前残業
  • 自主的な早出
  • 仕事のお持ち帰り

今回は、端数の切り捨てと、フレックスタイムに潜むワナの2つを紹介します。
残りは、後編で説明しますね。

端数切り捨てで、15時間の残業がゼロになる

これは「1時間未満の残業なんて認めない」というやつです。

これだけで月10~15時間分はみんな働いているのに、見かけ上の残業をゼロにすることができます。

たとえば、就業時間が9~18時の会社で、毎日18:30までキッチリ仕事をして、そこから片付けを初めて18:45に退社しているとしたら、毎日30分残業をしていることになります。

これを1ヶ月やれば10時間ですよ。でも、会社が認めなかったり、誰も申請しなかったら残業ゼロです。

そしてもうひとつ、残業ってキッチリ30分刻みとは限りませんよね。もし40分残業すれば0.666…時間になります。

ここで「30分未満の端数は切り捨てる」みたいなルールがまかり通っている会社があります。つまり、毎日約40分残業していても、0.5時間分しか付けさせないということです。

なんだか値引き交渉みたいな響きですが、塵も積もればなんとやらで、結構デカいんですよこれ。1日10分としても、20日間やれば200分=3時間20分です。

ちなみに、ルール上は端数を1ヶ月分合計した上で、そこから30分未満を切り捨てるのはOKです。なので、10分×20日間の場合は、3時間分は認めないといけないということです。

こうして、実際は月15時間ぐらいの残業が発生しているのに、「たかだか1日1時間にも満たない話で上司と議論するのもバカらしい」と言って、みんな受け入れてしまう結果、「残業ゼロ」ということになっているんです。

ちなみに僕はというと、10分レベルの議論はバカらしいと思うので、残業する時は00分か30分にキッチリと仕事を終えるようにしていました(笑)

フレックスタイムに潜むワナ

フレックスタイムという言葉は聞いたことがあると思います。会社案内に明記されていることも多いですよね。

会社が指定する「コアタイム」の時間帯に勤務していれば、始業時間・終業時間は自由に設定していいという制度です。

フレックスタイムの基礎

一例としては、10時~15時をコアタイムとして、1日8時間の就業時間をどう設定してもいい、というものです。

たとえば朝6時に出社して、1時間の昼休みを挟んで15時に退社するとか、10時出社で19時退社、7時半出社で16時半退社でもOKです。

フレックスタイムの応用

実はこれには応用編があって、10時出社で15時退社をしてもいいんです。

この場合は、昼休みを挟んで4時間勤務になっちゃいますよね?

その代わりに別の日で4時間分多く働くことで、1ヶ月分の就業時間のつじつまを合わせるんです。

極端な話、月初めの1週間は毎日10時出社で15時退社、次の2週間は9時出社で18時退社(定時)、最後の1週間は8時出社の21時退社、というような働き方でもいいわけです。

…まぁ、制度上の話であって、ここまで極端な例を認めてくれる会社は少ないと思いますけど。

フレックスタイムの悪用(汚いですけど、合法です)

で、この仕組みは会社の都合の良いようにも使えるんです。

どういうことかというと、まず仕事が忙しい時期はガリガリ残業させる。

1週間(=平日5日間)、日付が変わるまで深夜残業。すると6時間(18時~24時)×5日=30時間分の残業をしたことになります。

※ちなみに、法律上は夜にも休憩を入れる必要があるので、実際に休憩していたかどうかに関係なく、無条件にこの休憩時間の1時間を差し引く会社もあります。この例だと、1日の残業時間が5時間になります。

そして仕事が落ち着いたら、「お前ら早く帰れ」と言って、たとえば16時に帰らせるわけです。

たとえば、その月の残り3週間(平日15日間)は9時~16時の6時間勤務にすると、2時間(16時~18時)×15日=30時間分が差し引かれて、「その月の残業時間は0時間」ということになります。

いくら2週間はちょっと早く帰れるとはいえ、1週間ぶっ続けで夜中まで残業していたという事実は、「残業ゼロ時間」という言葉のイメージとはかけ離れていますよね?

まとめ:残業0時間、サービス残業皆無。それでも深夜残業できちゃうカラクリ

端数切り捨ては、ちっちゃいですけどサービス残業です。

でも、フレックスタイムを使いこなすと、「残業0時間でサービス残業無し」という表現でも、嘘をつくことなく深夜残業ができちゃうんですよ。

まぁ、フレックスタイムならこの例だと3週間は早く帰れますし、深夜残業の割増分(例:22時以降の残業は25%の追加手当が出る)はしっかりもらえるんで、お金目当てであれば損はしてません。

ただ、あなたが「夜中まで働くとか無理!」というタイプなのであれば、残業時間ランキングで会社を決めちゃうと、後悔することになりますよ。

残業が少ない会社ランキングを信じてはいけない:フレックスタイム編
あなたらしい生き方探しを応援する
「天職ウォーカー」の更新情報を、
いいねしてチェックしよう!
スポンサーリンク
参考になったと思ったら、お友達にも教えてあげてください!
「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

シェアする

フォローする

コメント