脱サラブロガーが考える、駆け出しユーチューバー戦略。まだ「やってみた」動画で消耗してるの?

脱サラブロガーが考える、駆け出しユーチューバー戦略。まだ「やってみた」動画で消耗してるの?

シェアする

youtuber

大阪の小学校で、将来なりたい職業の第3位にユーチューバーがランクインしたり、専門学校に「YouTuber養成クラス」が開設されたりと、依然として話題が絶えないユーチューバー。

人気ユーチューバーを見てると、「面白いことやって一攫千金」という感じがして、そんなことが実現できるなら、たしかに魅力的ですよね。

そこで、僕も4月からユーチューバー始めてみました!

これまでのブログ運営の経験を活かしながら動画を投稿するようになって1ヶ月が経ち、成果も出始めてきたので、駆け出しユーチューバーとしての考え方を紹介します。

有名ユーチューバーみたいな「やってみた」動画じゃダメ

手始めに、トップクラスのユーチューバーを研究しようということで、僕も思わず見てしまう「はじめしゃちょー」の動画を眺めてみても…僕にはあんな笑いのセンスも度胸もありません。

が、実はそれ以前の問題があります。

あのレベルに達すると、もはやセンスなんてどうでもいいんです。

どういうことかというと、彼のYouTubeチャンネル登録数(Twitterで言うフォロワー数みたいなもの)は300万人以上いますから、どんなくだらない動画を公開したって、黙っていても数百万人が見てくれるわけです。

一方の僕はと言えば、4月時点のチャンネル登録数は40人←しかも5年で(笑)

そんなヤツが、はじめしゃちょーと同じノリで「やってみた」動画を出したところで、誰にも見てもらえません。

それに、この土俵で戦うと夢見る小学生までもがライバルになっちゃいます(笑)

ブログと一緒で、得意分野を活かしてファン獲得を目指す

ウケ狙いの動画では勝負にならないので、脱サラを実現させてくれた車のブログと同じ考え方で動画を作ることにしました。

つまり、得意分野をかけ合わせることで、オンリーワンの存在になればいいんです。

僕は車好きなわけですが、その中でも運転操作そのものが好きで、クネクネした峠道をドライブすることが大好きです。

そういう道を走るためだけに往復8時間のドライブとかしちゃいますから(笑)

というわけで、愛車に3台のカメラを取り付けて、お気に入りの峠道をドライブしてビデオ撮影。

その後、僕のお気に入りポイントや注意点などを語り、映像を編集して3分にまとめた動画を作りました。

峠道のドライブが好き+多少の動画編集の知識がある+パソコンも好き+顔出しもOK

これら全てを組み合わせることで、YouTubeにたくさんあるドライブ映像の中でも差別化することができたと思っています。

週1本の投稿を続けて1ヶ月。チャンネル登録数・再生時間が2倍に

この表は、僕がこれまでアップロードしてきた全ての動画の、この2ヶ月間の再生時間を表したグラフです。

youtube

上で紹介した戦略に基づいて作った、最初の動画をアップロードしたのが4月14日で、そこから徐々に再生時間が延びていったことが分かります。

途中でちょっとした「バズり」を経て、ちょうど1ヶ月経った5月13日の再生時間は1655分で、最初の動画をアップする前日の693分と比較して2倍以上になっています。

ちなみに、僕は以前から車ブログのコンテンツを中心に120本の動画を持っています。そのうち10本が比較的人気の動画で、月5000円程度の収益を得ています。(つまり、残りの110本はほとんど見られていない)

そんな中でも、新しく作った5本の峠道紹介動画が全体の再生時間の3割を占めているので、非常に大きな効果が出ていることが分かります。

また、チャンネル登録者数はこれまでほとんど増減がなかったのが、4月14日からコンスタントに登録者が増え始め、1ヶ月後の5月13日には90人、今では136人となり、順調に増加を続けています。

※このグラフはチャンネル登録者の絶対数ではなく、1日あたりの増減数です。

channel

もっと人気を集めるために…オタキングに聞いてみた!

ユーチューバーを始めて1ヶ月となった5月15日、ニコニコ生放送の人気番組「岡田斗司夫ゼミ」に、駆け出しユーチューバーとして出演しました!

「レコーディング・ダイエット」の著者、「新世紀エヴァンゲリオン」を制作したGAINAXの創設者、といわれれば分かる方もいらっしゃるかもしれません。

「僕がなぜユーチューバーを目指すのか」という考え方をお話ししたり、「ドライブ動画をもっと多くの人に最後まで見てもらう方法はどんなものか」といったことを聞いたり、15分ほどかけて対談しています。

ちなみにこの対談、ニコニコ生放送ということで、放送中にコメントで僕に対する質問もたくさん寄せられたんですが、岡田さんとのトークに必死で、コメントを意識する余裕がまったくありませんでした^^;

なので、生放送中に視聴者から寄せられた質問に答える動画というのも作ってみたので、よろしければどうぞ。

※最初の5分は、髪型やら声やら…といったコメントへの対応です。それはそれで面白いかもしれませんが(笑)

お金は後からついてくる。まずは自分の強みを活かした動画を作る

「人気が欲しいんじゃなくて、お金を稼ぎたいんだ!」という人も多いでしょう。

それに必要なことは、「しっかり最後まで見てもらえる動画を作ること」です。

岡田さんとの対談の中でも出てきますが、どうやらYouTubeが報酬を支払ってくれる基準は、再生数や再生時間ではなく、視聴者維持率のようです。

なので、「最後まで見ていたい」と思わせる内容にして作り込んだり、要点を短時間で伝えるための工夫が必要になりますから、ただダラダラと「こんなことやってみた」では永遠に稼げるようになりません。

結局のところ、視聴者が「最後まで見て良かった」「役に立った」と思える内容にする必要があるわけです。

そのために必要なものは、他の人からは知ることができない、あなたならではのコンテンツ。

つまり、あなたの好きなことや特技を組み合わせて生み出された動画ということです。

それをコツコツと配信していけば、徐々にファンが増えていって、最後まで見てくれる人も多くなり、結果として収入にも結びつきます。

まとめ

僕もユーチューバーを始めて1ヶ月ちょっとしか経っていませんから、まだまだ知らないことだらけです。

ですが、これまでもブログの中でYouTube動画を使うことで収益化できていた僕でも、あらためて戦略的に動画を作るようにしたら、チャンネル登録者数や再生時間が数倍に増えています。

やはりブログと同様、好きなこと・得意なことを活かした、自分ならではのコンテンツを発信していくのが大切だということが分かりました。

なので、これからユーチューバーを目指す人も、好きなこと・得意なことを見つけて、それを活かした動画を作ってみてくださいね。

脱サラブロガーが考える、駆け出しユーチューバー戦略。まだ「やってみた」動画で消耗してるの?
あなたらしい生き方探しを応援する
「天職ウォーカー」の更新情報を、
いいねしてチェックしよう!
参考になったと思ったら、お友達にも教えてあげてください!
「参考になった!」と感じたら、お友達にもシェア!

シェアする

フォローする

コメント